冬春夏秋~菊地ぶどう園blog

~山梨市牧丘町の、とあるぶどう園の出来ごと~

6月23日


今はこんな様子です。
これから、粒を抜いていきます。
やっとまとまった雨が降ったので、ぶどうの生育もぐっと進むかもしれません。
余分な粒を抜く作業、さらに余分な房を落としていきます。
コメント : 2

コメント

今年も待ち遠しい

こんにちは。
いよいよ季節は房作り、ジべ·傘掛けですね。
そして9月の収穫出荷まで毎日連続なのであります。
今年は空梅雨の様子だから生育状態を心配しています。
家の庭のブドウも実が付いて、あぁ何だか嬉しい。
家も傘掛ける、とMが言っていました。

あともう少しなのですが

こんにちは、コメントありがとうございます。
粒ぬきを根気よく続けていけば、ひとまずのゴールが見えてきます。
今年の春から、畑は水不足だったのでこの梅雨空がありがたいです。
Mさんのぶどうも手をかけると、また楽しみが増しますね。